【ちぎり絵の素材】

色無地:民芸紙典具帖 無地内山紙 二三判 手漉き雲竜紙

色の基本となる「民芸紙」は、手漉き和紙を染めているので、ちぎると繊維が引き出され、ギザギザになります。

雪や雲を表現する純白は「内山紙」を使います。
同じく手漉きなので、ちぎって引き出される繊維を、ふわふわな雪や雲の質感に見立てます。

極薄の和紙を単色で染めたものを「典具帖 無地」と呼びます。「典具帖」は極薄和紙の総称です。
色を重ねる事で新しい色を自分で作る事ができます。
典具帖の製作者が廃れてきているため、かなり入手が困難になっています。


和紙そのものを背景にする場合に「雲竜紙」がよく使われます。
染め方は単色ですが、和紙を漉く時に楮(こうぞ:和紙の材料となる木)の繊維を一緒に漉き込んだものです。単色無地でありながら、漉き込まれた繊維によって少しアクセントが出ています。
漉きこまれた繊維が竜のように見える事から、雲竜紙と呼ばれます。
素材として利用されるほか、繊維だけを取り出して使用する事もあるようです。

多色染め:むら雲染め 典具帖むら雲染め 揉み入り茜染め 典具帖柳絞り落水紙 典具帖

山や湖の濃淡や、水の動きや木々の揺らぎを表現するのには「むら雲」を使います。
「むら雲」とは、わざとむらに染めてある和紙の総称で、雲が交じり合っているように見える事から呼ばれています。
むら雲には極薄の「典具帖」と「揉み入り」があります。
「揉み入り」は新聞紙ほどの厚みで、ランダムに入った揉みが柔らかさと立体感を表現しています。


夕焼けや深みを増す青い空、複雑に重なる色あいを表現するためには「茜染め」を使います。
茜染めは横方向へ段々のグラデーションが出るように染めてあります。
インターネット店では、極薄の典具帖を販売しています。


木の皮や柳の枝振りを表現するためには「柳絞り」を使います。
柳絞りは、一方向のしわに合わせて染め分ける事で、木の皮のゴツゴツとした感じを表現しています。
絵の素材の他に、背景や額のマットにも良く使われます。


積もった雪や氷、雨空を表現する時には「落水紙」を使います。
落水紙は、和紙を漉く時に水滴を落とし、細かな穴を開けた和紙を指します。色はむら雲染めになっています。白はありますが、その他の単色染めはありません。