孫権仲謀(そんけんちゅうぼう)

孫権仲謀(そんけんちゅうぼう)

孫権仲謀(そんけんちゅうぼう)
内政に張昭、外交に周瑜を従えて江東を治め、優秀な人材を重く用いることで良き国造りをしていた人物。
賢者の多い江東で魯粛、諸葛瑾を招いている。
赤壁の戦いで曹操軍に勝つことで、孔明の考え出した「天下三分の計」の一角を担うことになる。