張飛翼徳(ちょうひよくとく)

張飛翼徳(ちょうひよくとく)

張飛翼徳(ちょうひよくとく)
猛々しさ、勇猛さの代表のような張飛。
そのイメージそのままに顔の表情が作られている。叡香の作品には珍しく、口をあけている表情である。
張飛と言えば鬣のようなひげを連想するが、叡香のイメージにはないようだ。
「猛将」というイメージが体現されている作品と言える。