和紙人形作品展「舞楽」

和紙人形作品展「舞楽」

序と破からなる代表的な走舞であり神功皇后の三韓征伐の時、率川明神が舟の舳に現れ、指揮をした様子を
舞にしたといわれる。
舞人は毛縁の禰襠装束に身を包み、威厳に満ちた龍甲の面を付け、太刀を佩き、鉾を持つ。また、鉾を大きく振りながら、四方八方に勢いよく小走りに舞台上を動き回る。その活発な舞振りは、当時の勇敢な武将の姿を見事に再現している。
この舞は、仁明天皇の御時(八三三~八五0)に大戸真縄により、楽は大戸清上によって作られたといわれている。

「雅楽壱具」(東京出版)より抜粋
伊藤 叡香 作