棒しばり

棒しばり

程よく酔っ払って、縛られながらも踊りだす次郎冠者。

ひょうきんな笑顔で笑いを取るシーンですが、作者の腕が未熟で、縛られて泣きそうな顔になってしまいました・・・。