周瑜公瑾(しゅうゆこうきん)

周瑜公瑾(しゅうゆこうきん)

周瑜公瑾(しゅうゆこうきん)
三国志の中でとても有名な美男子。「二僑」が一人小僑を妻とする、とても「美」に愛された武将。
容姿端麗ながら頭脳も明晰で、三国志演義の前半最大のヤマ場である「赤壁の戦い」重要な役割を担う。

関羽、曹操に続き完成度の高い力作。
叡香和紙人形「三国志」シリーズの最高傑作。
今まで作られた人形の中で一番大きいが、その分迫力も一番ある。