ストア 入り口
和紙・折り紙・お香・和小物の
お買い物はこちらからどうぞ
お店紹介
紙舘 島勇とは?
伝統に学ぶ
和紙の作り方を解説します
※当店では漉いてません。
和紙 Art Gallery
和紙を使った芸術品を展示
しています
メインメニュー
お買い物はこちら!
和のセレクトショップ
トップ  >  手漉き和紙の作り方

手漉き和紙の作り方


教えて頂いたのは
丹頂紙業株式会社

 〒409-3301 山梨県南巨摩郡中富町西嶋1197
 Tel:0556-42-2155

 ※基本的に一般の方の工房見学はできません。

煮熟1.煮熟(しゃじゅく)
紙の原料である楮(こうぞ)や三椏(みつまた)を煮て、繊維質だけを取り出します。
写真は取り出した楮の繊維。
叩解2.叩解(こうかい)
繊維質をさらに細かくほぐします。
0字型をしたプールに水と煮熟した原料を混ぜ、攪拌していきます。
原料が水に対し5?3%になるまで叩解していきます。
写真は叩解が終わる直前の原料。綿のようにふわふわと水に浮いています。
叩解終了3.叩解終了
叩解した原料は一度水を絞ります。
その後再度水に溶かし、とろろあおいを混ぜます。
とろろあおい(黄蜀葵)は葵科の植物で、黄色い大型の花をつけ、晩夏に咲く植物です。このとろろあおいの根を使います。
写真は叩解が終わり、一度水を抜いている様子。
紙漉き4.紙漉き その1
とろろあおいを混ぜた溶液を船(木枠とすだれからできています。すだれは取り外せます)に流し込み「紙を漉く」という作業を行ないます。
その昔は、船の下にある溶液槽へ船を沈め、溶液を持ち上げて紙を漉いていました。小さい船ならそれほど難しくはないでしょうが、全版(およそ138cm x 70cm)のように大きな紙になると、均等の厚みで漉くことが難しくなってしまいます。(船が少しでも傾くと溶液がよってしまい、1枚の紙で左と右で厚みが違うなんて事になってしまいます)
そこで考え出されたのが、現在の漉き方。船を固定して、上から溶液を流し込みます。
溶液が船に均一に流れ込むよう工夫されているため、熟練の技を要することがなく(といっても簡単ではありませんが・・・)作業効率、製品としての完成度、ともに格段に良くなったそうです。

流し込まれた溶液は船の上で水分と原料に漉し分けられ、すだれに紙の素が残るのです。
紙漉き5.紙漉き その2
1枚の紙が均一に漉くことができるこの機械ですが、水を流し込むのは人間が行なっています。(足元に溶液を流し込む口を開けるスイッチがあって、踏んでいる間口が開きます)つまり作る全ての紙が均等な厚さにするには、長時間の集中力と経験に裏打ちされた銃連の技術が必要なのです。

すだれに漉し残った紙の素を1枚ずつ丁寧に重ねていきます。
この時点の紙の素は、ふるふるの豆腐のようです。とろろあおいによって結びついているだけで「2.叩解」とあまり差がありません。

すだれを扱う時に水滴が落ちないよう細心の注意を払うそうです。水滴が重ねた紙の素に落ちたらほぼ全てがパーに・・・。
紙漉き6.紙漉き その3
漉き手は1日に3千?4千枚漉くそうです。
1日中立ち仕事のうえ、集中力が必要となるこの仕事。加えて水は冷水。お伺いした夏はまだ良いのですが、冬になると・・・考えただけで痛いですね。

すだれで漉すために紙自体に簾目(すのめ:すだれの跡)が透かしのように残ります。この簾目が手漉き和紙の象徴ともいえます。
紙漉き7.乾燥
豆腐状の紙の素は一晩放置して水抜きをします。さらに圧さく機で脱水した後、天日で乾燥させます。カッチカチの板状(写真の状態)になるまで10日間ほどかかるそうです。

乾燥の目的は1枚ずつの紙の中で、繊維同士の結びつきを強くするためだそうです。漉きあがった状態で乾燥させれば良いように思いますが、それでは繊維の結びつきが弱く、破れやすい紙になるようです。

『だからといって、こんなにカチコチでどうすんだろう?』と思っていたら次の工程がありました。
紙漉き8.仕上げ その1
カッチコチに乾燥した紙の素は、一枚一枚はがせるようになるまで水に浸します。
浸しすぎるとはがす時に破れ、水が足りないとはがれないそうです。当然なんですが、そこに経験による言葉の重みを感じました。だってこの一塊から4千枚近くをはがしては乾かさなくちゃいけないんだから・・・。
紙漉き9.仕上げ その2
いよいよ今まで「紙の素」であった物が「和紙」に生まれ変わる時です。
大きな鉄板(2m×4mくらいかな)が作業場には4枚あり、これをバーナーで熱します。大きなアイロンですね。
そこに先ほどの紙の素の塊から1枚ずつはがしながら貼り付けていきます。
言葉にするととってもあっけないのですが(実際に作業をしているおばちゃんたちもあっけなく、淡々と作業してますが)、そこには高度な技術と集中力が必要です。

大きなアイロンが4つ。冬でも汗をかく作業場ですが、クーラーはおろか窓も開けられないとの事。風が邪魔して作業がやりにくいそうです。
10.裁断
こうして出来上がった和紙は、1枚1枚品質を確認し、製品ごとに裁断されます。

裁断は、その昔は人力で行なっていましたが、今は機械で行なうそうです。西島地区では製紙業が盛んで、共同で裁断機を購入し、共有しているそうです。

今回は残念ながら裁断の様子を見ることができませんでした。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:295 平均点:6.31
カテゴリートップ
和紙を漉く
次
機械漉き和紙の作り方