釣ふね(つりふね)

釣ふね(つりふね)

釣ふね(つりふね)
小さな鶴は鎖を、大きな鶴は花器をイメージして考え出されたのだろう。
これが本当に1枚から出来上がっているのかと疑いたくなる。が、まぎれもなく1枚から作り上げているのだ。後から繋ぐこともなく。