寄木(やどりぎ)

寄木(やどりぎ)

寄木(やどりぎ)
2羽の鶴が背中で繋がっている作品。
背中合わせの同じ存在。昔の人は「この世」と「あの世」や、「前世」と「現在」を連想したと言う。