棒しばり

棒しばり

赤坂大歌舞伎で中村勘太郎さんと七之助さんが演じた演目です。

棒に縛られ、腕を縛られながらも、酒を飲まずにはいられない太郎冠者と次郎冠者の、ひょうきんな仕草を表現しました。

伊藤 慶 デビュー作。